2014年04月 - ガーデン植花夢

グラジオラス トゥリスティス コンコロール、グラジオラス リリアセウス ブラウン、ティアレラ スプリング シンフォニー、ゲラニューム ファエウム サムボー


グラジオラス トゥリスティス コンコロール

7518g.jpg
グラジオラス リリアセウス ブラウン

普通のグラジオラスは、すごく派手だが原種系は個性的で素敵だ。
ほかの花とも相性が良いと思います。
切り花にして使っても素敵だった。
冬に葉が出てくれてうれしいのだが、あまり寒いときは葉が痛むので防寒が必要(あまり葉が痛むと株が弱る)

7527g.jpg
ティアレラ スプリング シンフォニー

スプリングシンフォニーは、いつ写真に撮っても可愛く写る。
花のまとまりと淡い緑の葉とのバランスがいいのだと思う。
春らしい優しさを感じる。

7529g.jpg
ゲラニューム ファエウム サムボー

黒花フウロの品種、葉に黒い模様がある(写真に葉が写っていなくてすみません<(_ _)>)
大株になると、花の下にある葉の存在感がまして素敵になる。

                    うさぎさんチーム  うさぎ太郎

4月23日の植花夢

7476g.jpg
シャクナゲが満開になりました。植えてから10年以上経っています。

7479g.jpg

7492g.jpg
シバザクラとタイムなどのグランドカバーを組み合わせて。

7504g.jpg
ユーフォルビアが石の隙間から出て広がり始めた。少し危険な気がするが、咲いているときはとても綺麗。

ディケントゥラ ラクジュリアントが今年も元気に咲いてきました。


ブルンネラが咲き、ギボウシの葉が展開してきました。
ウブラリア グランディフローラがうつむきながら花を付けはじめています。

7475g.jpg
スイセンだけが咲いていた風景から、フロックスの仲間も咲き始めました。

                      うさぎさんチーム  うさぎ太郎

今年最初の植花夢でのボランテア活動がありました

ガーデン植花夢では開園期に園内の手入れなどのボランテアをお願いしています
先週末の19日に今年最初のボランテア活動が行われました
活動の中心となって行ってくださるのは『GHC花と緑の救援隊』の皆さんです

『GHC花と緑の救援隊』について詳しくは ↓
NPO法人『GHC花と緑の救援隊』HP

救援隊2014.4.19

今年最初の活動ですので まず初めに園内を一周り見学です
彩りを増した春の花木が出迎えてくれました

救援隊2014.4.19

女性陣は雑草取りのお手伝い
この時期に春の雑草が種を付ける前に除草をすると 後が楽なので助かります

救援隊2014.4.19

男性陣は猪避けのネット張りをお願いしました
これで敷地を一周する外周路に沿って園内が拡張されることになりました

救援隊2014.4.19

出来上がり~~ これで安心ですね


八重寒緋桜

柵の上に咲いている赤い花は 八重寒緋桜

植花夢では遅咲きの八重桜などが満開です 見に来てくださいね 



* いのししチーム メガネザル

アメリカハナズオウ シルバークラウド、シロヤマブキ、桃花ヒョウタンボク、リキュウバイ、アロニア アルブティフォリア


アメリカハナズオウ シルバークラウド

斑入の葉が少し出たときにピンクの花が咲き可愛い。
しかも枝が少し黒くて、なかなかいい感じ。
関西では、強い直射日光で斑の部分が少し焼けてしまうことも多いが
白い斑入で密にならない枝がでて、初夏の庭でとても涼しげでお気に入り (^_^)/

7411g.jpg
シロヤマブキ

別段、大したことはないが、やはり花が咲けばやはりきれいだと思う。
大株になると枝が少し垂れて風情が出てくる。

販売するときに、
シロヤマブキと白花ヤマブキ(ヤマブキの白花だが純白ではない。)をよく確認しないと間違える。
確認の時に、「黒い実がなる方ですか」、「幹が黒いですか」と確認するが、それでもトラブルことが多い。
なぜなんだと言いたくなる?

7395g.jpg
桃花ヒョウタンボク

今年は、特に寒暖差があるのか花がとてもきれいに発色している。
このヒョウタンボクの花色は、あまりに可愛すぎてなんか照れる。
しかも、葉の色も淡い緑でちょっと靑っぽい。
やはり可愛すぎる気がする(^_^;)

7436g.jpg
リキュウバイ

春の白花で中木と言えばリキュウバイくらいしかない。
中途半端に大きくなるので、雑木の中に混ぜて使う。
植花夢では、
大きくなりすぎたら根元からバサッと切る、根元から吹いてきてまた中途半端な中木として使う。
ぱらっと咲く姿は、いつ見ても綺麗だと思う。

7408g.jpg
アロニア アルブティフォリア

アロニアも花色がきれい、気温の高い年は、蕾がピンクにならない時がある。
地面の下からいっぱいランナーが出て、それが意外と大きくなるので、低木のような中木になる。
秋には、赤い実も付けるし、紅葉も綺麗 しかもあまり大きくならない。
使いやすい木だと思う。

         うさぎさんチーム  うさぎ太郎

4月17日の植花夢のお庭

久しぶりの植花夢の庭の様子です。
木々の新芽が、綺麗な季節になってきました。
イカリソウやプルモナリアなどの小型の宿根草も咲き始めいよいよ春本番です。


少しずつ花が咲き始めた園内
奥には、宿根草や高性一年草が、もこもこ大きくなってきました。

7331g.jpg
疎林の中の低木の葉が出てにぎやかに!

7355g.jpg
草丈の低い宿根草の中にアクセントにスイセンの花が咲く。
.......ちょっとシバザクラ ダニエルクッションの色が合わない?.......

7358g.jpg
黄色い葉の植物を植えたエリアの新芽の様子。
手前の宿根草は、まだ少し小さいけれど元気に芽が出てきました。

7366g.jpg
庭に囲まれてゆっくりしたいとの要望により、庭の真ん中にテーブルを配置できるようにちょっと改造してみました。

7380g.jpg
もともとも山に生えていた、コバノミツバツツジが綺麗に咲いています。


                  うさぎさんチーム うさぎ太郎

次々とチューリップが咲いてくる!


チューリップ クルシアナペパーミントステック

7294g.jpg
チューリップ クルシアナシンシア

7285g.jpg
チューリップ クルサンタ

7273g.jpg
チューリップ ライラックワンダー


原種系のチューリップは、やはりかわいい (^_^)/

特に、クルシアナ系は横から見ると特にいい
花が小さいので切り花にしても、とても上品だし
葉も細くてうるさくなく、庭に植えてもナチュラルな雰囲気がある。

チューリップの花は横から見るのが基本だが

チューリップの花は、横からしか観賞価値がない...とまでは断言できない。

チューリップ ライラックワンダーは横からではなく上から見ると
これがまた可愛いのだ。
ピンクに、中の黄色がとてもプリティだ!

週末に雨が降るらしい、チューリップにとって雨はとても危険だ
花が一瞬に終わってしまう。
長雨にならないように祈るしかない (^_^;)

                   うさぎさんチーム  うさぎ太郎

またまたスイセン


スイセン ブリティッシュギャンブル

7128g.jpg
スイセン ピンクチャーム


7136g.jpg
スイセン ワルツ

7143g.jpg
スイセン チャチャ

おっさんである私には、今まで口紅スイセンが可愛いと思っていなかった。

今年、ちょっとお試しに植えてみたら、結構可愛いことを発見...
フリルの形や色、花の大きさや草丈の違いがあり、よく見るとなかなか綺麗。

試しに、切り花にして、ブーケのように丸くして、根元を輪ゴムで止めて、
造園屋のおっさんに進呈すると「可愛いな」と黒い顔で全く似合わない言葉を発する。
実は、おっさんの可愛い花が好きなのかもしれない(^_^;)

7163g.jpg
スイセン バルボコディウム

今年のスイセンは派手なものが多かったせいで、バルボコディウムの花がすごく地味に見える。
よく分球して増え過ぎて球根が小さくなり葉っぱだけで花が咲かなくなる。
肥料と数年に一度の株分けが必要な品種。


7159g.jpg
アネモネ ミストラルワイン

本来、アネモネまで手を染めるなんてと思いつつ。
ちょっとお試しをと思い、植えてみた....
折角だから、軽石で植えて来年を楽しみにすることにする。
思ったより、花色はなかなか渋くてよかった。

7169g.jpg
ハナニラ

7037g.jpg
ハナニラ ジェシー

この近年、ハナニラの品種もさまざま出てきた。
花色も濃くてなかなか綺麗なものも多く、しかもどれも丈夫....
ハナニラは、よく増えるのはいいのだが、
宿根草などの植え替えや移植など、花壇を掘り返したりする場所ではハナニラはすごく危険な存在である。
目に見えないような小さな球根が、あちこちに広がってしまう。
ゆえに鉢植えでと思うが......
実生でも生えるようで、鉢の中で実生が生えてくるとどうすればいいか解らなくなる。


                   うさぎさんチーム  うさぎ太郎

.. :