2014年05月 - ガーデン植花夢

バイカウツギ ベルエトワール、ウツギ ピンクポンポン、ウツギ マグニフィカ ナンシー

5月も終わりになると、次々空木の仲間が咲いてくる。
大きくなる品種も多いが、遠くからも花がよく目立ち、
近寄れば、それぞれ個性的な花も多く楽しい植物である。
と言っても、この時期最強の敵であるバラがいるので、やはり脇役って感じもする。


バイカウツギ ベルエトワール

バイカウツギと言えば、ベルエトワールに納まる。
バイカウツギにも色々な品種があるが、この日の丸咲きに勝てない。
何年見ても、可愛いと思うのは、自分が日本人だからだろうか?(関係ないか!)
古い品種でも、良い品種は人に長く愛されるものである。

8427g.jpg
ウツギ ピンクポンポン

8420g.jpg
ウツギ マグニフィカ ナンシー

この二種類、花の形がすごく似ているが、色違いではない。
Deutzia parviflora 'Pink Pompon'
Deutzia x magnifica 'Nancy'
ナンシーは、すごく大きくなるが、ピンクポンポンは、まぁまぁて感じ
しかもナンシーは、混血だ! ( x の印がある)

日本では・・・空木と呼ばれるものはたくさんあってややこしい
枝を切って穴があいていたら空木だ!
(例外もたくさんある、レンギョウは空木とは言わないなど)

説明するのに、これはアジサイの仲間、これはタニウツギの仲間とか
極め付きは、アベリア  なんで?
すごく苦労するときがある。

            うさぎさんチーム  うさぎ太郎

ムラサキセンダイハギ ムーンライト、セントーレア カラミア、ムラサキセンダイハギ スターライト、イキシア ヴィリディフローラ、アリウム グレイスフル ビューティー、ゲラニューム プラテンセ ミッドナイト レイター、カラスバニガナ

8278g.jpg
ムラサキセンダイハギ ムーンライト

シェードのかかったブドウ色の花が、すごく渋い
今は鉢植えだが、植花夢の庭に植えて大株にして、来年花を見ることにしよう。
近頃は派手なものも好きだが、渋い色の植物を見ると、やはり、くらっとする。
やはり病気だ!

8280g.jpg
セントーレア カラミア

セントーレアは、暑さに少し弱い品種が多いが、今のところ丈夫そうな気がする。
しかも、茎がしっかりしている。
少し花は小さめだが、この手の花の形は少ないので、
今年一年、よく観察して、試行錯誤してみる価値がありそう。

8285g.jpg
ムラサキセンダイハギ スターライト

普通のムラサキセンダイハギよりも淡いブルーが素敵である。
パステル調の優しい色合いが好きな人にはいいと思う。

8292g.jpg
イキシア ヴィリディフローラ

ケンブリッチブルーの花が芸術的
なかなか、この色の花色は少ない。(ラケナリア・ヴィリディフロラもいる)
球根には変わった色や形が多く好きである。
切り花が好きな人はお奨め。
庭にたくさん植えると、どうなるか見てみたい品種である。(ちょつと寒さに弱いのでどうかな?)

8299g.jpg
アリウム グレイスフル ビューティー

小球性のアリウムとしては綺麗だが、その辺に生えているように見えるくらい野趣がある。(ニラのこと)
ちょっと、名前負けしているような気がする。
もう少し長く付き合えば、素晴らしい発見があるのだと期待したい。

8391g.jpg
ゲラニューム プラテンセ ミッドナイト レイター

黒紫色の葉に、バイオレットの花がとてもいい。
花茎もあまり伸びずコンパクトにまとまるのも、なかなかよいと思う。
プラテンセは、ちょっと夏の暑さに弱いが、排水の良い軽石主体の用土に植えると意外と育ってくれる。
大きな株になると、見ごたえのある植物。


カラスバニガナ

雑草のニガナの黒い葉のタイプ
葉が黒くなるだけで、イメージが全然違う。
しかも、花が黄色で綺麗。
元が繁殖力が強い品種なので、いろいろなところから生えてくるのが、問題かな?

                  うさぎさんチーム  うさぎ太郎

メリティス メリソフィラム ロイヤル ベルベット ディスティンクション、ウド サンキング、西洋オダマキ ブラックバロー、ユーフォルビア キパリシアス


メリティス メリソフィラム ロイヤル ベルベット ディスティンクション

長ったらしい名前で、覚えられない。
植えてから、しばらくの間株が小さくて大したことが無かった。
近頃、少し大きくなったのもあり、少し見栄えがする。
よーく屈んで見てみると、なかなか可愛い花である。
花が終わると、存在を忘れるほど、何の変哲もない葉だけが残る。

8214g.jpg
ウド サンキング

ウドの葉が黄色いタイプ
普通ウドのように大きくならない(1m位にはなる)が、ウドよりもあちこちから芽が出てくるような気がする。
黄色い葉で、大きな葉になる植物は、お庭的には貴重だと思いますね
たくさん増えたら一度食べようと思っています。

8200g.jpg
西洋オダマキ ブラックバロー

近頃の、オダマキ ウィンキー ダブル系はすごく園芸的でなかなか良いが
一昔前の、ノラ系も庭植えには悪くない。
ほかの花ともなじみがよいように思いまし、八重だから少し花の持ちも良いように思いますし。
(写真は夕方に撮影したので黒く見えませんが、本物はもう少し黒いです。(^_^;))

8178g.jpg
8179g.jpg
ユーフォルビア キパリシアス

地下茎で増えるので、石に沿って花が咲いてなんか面白い。
でも、来年にはどこまで行くのか?
最初は黄色いだけだが、今はオレンジ色に変わりなかなかいい味出してる。
地下茎で増えるタイプの植物は厄介なものが多いが、なぜか憎めない。
でも、冬に掘り起こして、嫁に出そう。

                     うさぎさんチーム  うさぎ太郎

5月20日の植花夢

8264g.jpg
バラが、ちらほら咲き始めました。

8192g.jpg


8205g.jpg


8211g.jpg
黄色い葉をバックに、ポピー レデーバードの赤い花が印象的
もう少しで満開か!


8220g.jpg
ベロニカ ロイヤルブルーの間から、フロックスピロサが咲きました。


8259g.jpg
アメリカハナズオウ フォレストパンシーの赤葉がアクセントになっています。


8257g.jpg


8238g.jpg
ネペタの後ろに、ベロニカ ロイヤルブルーが咲き誇っています。

                         うさぎさんチーム うさぎ太郎

フェスツカ エスキア、デスカンプシア フレキシオーサ、ヒメムラサキセンダイハギ、ガマズミ サルゲンティ オノンダカ

8140g.jpg
フェスツカ エスキア

普通は、フェスツカと言えばグレーかブルー系と相場は決まっている。
その点エスキアは、細くて薄緑で見た目が雑草っぽい。
その辺で生えてるウシノケグサの小型の感じが、とてもいいと思うのだが

8134g.jpg
デスカンプシア フレキシオーサ

これも、必要かと言われると何とも言えないが
逆光に光る穂が美しく、風でふわっと揺れる姿がたまらなく美しい
たぶん、ほとんどの人が見ると、そのあたりの土手に生えてる雑草にしか見えないと思う。

8143g.jpg
ヒメムラサキセンダイハギ

ムラサキセンダイハギの小型で、葉も細かくて、草丈も伸びない。
しかも、草姿が青っぽい
遠目から見るとルピナスが咲いているように見えて、トテモ綺麗でお気に入り。


ガマズミ サルゲンティ オノンダカ

蕾がピンク、咲くと白い花が額アジサイのように咲いて、趣のある花を咲かせてくれる。
切り花にしても見栄えがする。
大型にならず、葉も小さめで、全体のバランスがいい花木。

植花夢では、たくさん植物があり、かくれんぼ状態になる。
この間も、何年かぶりに、「あっ 見っけ」となることも多い
何とかならぬのか.............(^_^;)
                       うさぎさんチーム  うさぎ太郎

5月17日の植花夢

8125g.jpg
今年は寒暖差があるのか、黄色い葉がとても鮮やかで、眩しいぐらいです。


高性の一年草が咲き始めまた様子。

8098g.jpg
花の咲く準備が出来ました。
いよいよ咲きますよ (^_^)/

8145g.jpg
シャクヤクの花が咲き始めました。
蕾の品種もありますが (^_^;)

                      うさぎさんチーム  うさぎ太郎

ホソバチョウジソウ、オオムラサキツユクサ オスプレイ、オオムラサキツユクサ エウリディーチェ、カラミンサ グランディフローラ バリエガタ

7890g.jpg
ホソバチョウジソウ

普通のチョウジソウに比べて花色が薄く、房状に咲いて少し地味だが野性的な感じがいい。
洋書などでは、花よりも、細かい葉が黄金色に紅葉するのを絶賛している。
チョウジソウの仲間は、花が終わった後でも、花茎が枯れないので、夏の間葉物としても重宝する。
しかも、キョウチクトウの仲間だから、虫もほとんどつかないのがとてもいい。

7885g.jpg
オオムラサキツユクサ オスプレイ

白い花の中心が紫靑色雄芯がとてもキュート
オオムラサキツユクサは、とても丈夫でどこでも育つ
街路樹の下の極度に乾燥する場所でも見かける。
手入れも何もいらず、大きくなりすぎたら、ざくっと根元から切ればまた下から芽が出てくる。
雑草にも負けない。

7898g.jpg
オオムラサキツユクサ エウリディーチェ

オスプレイとほぼ同じだが、花びらに靑紫の色が着く品種
オオムラサキツユクサは、実生で生えてくる、
たまにこのような中途半端なのが庭で生えていたような記憶があるが
品種名付なので、ついつい買ってしまった。
よく見れば、意外と淡く柔らかい雰囲気で思ったよりお気に入り。
今までは、なんだったのか? と考えてしまいますね。


カラミンサ グランディフローラ バリエガタ

新芽が白く出る姿がなかなか綺麗
そのあとの花が、濃いピンクで何時もあれっと思う。
たぶん私だけだと思うが
カキドウシ スポットチャックのイメージと混同しているような気がする。
全然仲間も違うのに.....

             うさぎさんチーム  うさぎ太郎

.. :