2015年01月 - ガーデン植花夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイビャクシン ヒュージス


ハイビャクシン ヒュージス

新芽が靑白っぽくて、葉が細かいのが好きである。
クリスマスぽい感じが良いと思う。
 ( 正月も過ぎているのに、すみません <(_ _)> )
たくさんグランドカバーみたいに使うとべたっとするが
単体で植えるとちょっと荒れた感じになる。
冬は、コニファーがきれいな季節。
あまり流行ではないが、個性的な品種もたくさんあり、
上手な組み合わせを考えると良いと思う。

    うさぎさんチーム  うさぎ太郎



スポンサーサイト

アーティーチョーク


アーティーチョーク

カールドンの仲間で、花が大きく品種改良されたらしい。
お庭屋さん的には、葉が細かいのが魅力だと思う。
寒さに強いが、高温多湿が嫌いみたいだから砂質土壌に植えるといい。
冬は常緑だけど少し小さくなっているが、
春になれば大きくなりボリュームが出て、花が咲くと面白いものです。
ちなみに、花は食べたことはない。

   うさぎさんチーム  うさぎ太郎

ヒメマサキ バリエガタ


ヒメマサキ バリエガタ

葉が細かくて、丸い樹形に綺麗にまとまって可愛い。
少し艶のある白い斑入が明るい印象を与えてくれる。
一時期、流行ったが、一時見かけることが少なくなっていたが、
最近はまた見かけることが多い。
冬にはやはりいい素材な気がする。
最大の弱点と言えば
はまき虫が付くと致命的である。
一度なら何とか回復することもあるが、二回目はほとんど絶望的。
古い品種も、もう一度見直せば良いものも多くある。

                   うさぎさんチーム  うさぎ太郎

カールドン


カールドン

冬に、常緑で葉が銀葉
ちょっと野菜的だけど、見ごたえがある。
食べたことはないが、葉の茎を食べるらしい。
低温には強いが、低温時の多湿には嫌い
ねんど土に植えるとあまりよくならないので、砂質土に植えるとよく育つ。
大株になるとかっこいい植物。

                  うさぎさんチーム  うさぎ太郎

クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン


クリスマスローズ フェチダス ゴールドブリオン

木立性クリスマスローズ
常緑性で葉が黄金葉となれば、冬の庭に威力を発揮する。
でも、本当にきれいなのは新芽の頃だけど?
葉も細かくて繊細な感じ、花は葉の上に房状に付き咲けば印象的
冬は日がよく当たり、夏木漏れ日が当たる場所に植えるのが良いと思う。
普通のフェチダスに比べると少し弱いが、
黄金葉や斑入種は、どうしても元の種より弱くなるのはしょうがないが、
それを育てるのも楽しみの一つでもある。

                        うさぎさんチーム  うさぎ太郎

キミガヨラン


キミガヨラン

なぜか今回は、超レアでもない、超古典のキミガヨラン
イトランの大型って感じ、糸は出ないけど
ご近所で見かけて、たぶん古い株で成長がほぼ止まっているためか、
なかなか素敵である。
大株になると存在感が増しますね。
排水さえよければ、何もしなくてもいいから楽ちん。
でも、冬はかっこいいけど、夏に見るとちょっと暑苦しいのかもしれない。

                うさぎさんチーム  うさぎ太郎




キンカン


キンカン

冬に実が付いた柑橘類はとても綺麗
庭先に鈴なりの金柑をよく見る。
お正月には、甘露煮などでおなじみだが、
見かけミカンに似ているが、仲間が少し違うらしい。
よく考えると、皮がおいしいとは変なやつである。
金柑も苗を植えるとなかなか大きくならない。
若いときは金柑など見てうらやましいと思ったことが無かったのだが (^_^;)
大きい金柑を見ると自分ちにもほしいと思う、今日この頃である。

                     うさぎさんチーム  うさぎ太郎

.. :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。