2015年05月 - ガーデン植花夢

ニワトコ ブラックレース



34120068g1.jpg
ニワトコ ブラックレース

ニワトコの黒葉の中では一番葉が細かくて繊細、花も淡いピンクで一番いいと思う。
関西では、花が咲くころ葉が一番黒くなる(高温になると少し緑っぽくなる。)気温のだが、
植花夢ではちょっと日陰に植えすぎているのか、いつも黒さが足りない。
その代りに葉が少し長めになり涼しげな感じになるのだが、やはり失敗だと思う。
暑さで弱るのではないかと考えすぎたかもしれない。
ブラックレースは、露地植えにしても、大きくなりすぎることもなく手頃な大きさでいてくれるから便利。
庭にニワトコを植えるならコレって感じですが、今のところ実が生ったのを見たことが無い。
実は、普通の西洋ニワトコに任せるのがいいと思う。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

2015年5月28日植花夢のお庭


ピンク花や白花で、とてもかわいくなってきました。

20150528-2.jpg
色とりどりの小花にバラがいいアクセントになっています。

20150528-3.jpg
トリトマがたくさん花を付けました。

20150528-4.jpg
ピンクの中に黄色い花も咲き始め、よりカラフルに

日中は、暑いですが、夜は気温が下がり、花の発色がとてもいいですよ。
雨も降らないから、花の痛みもなく、とても綺麗です。
ぜひ、見に来てください。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

レダマ


レダマ

見ただけで、乾燥に強そうな雰囲気..........実際に強い。
葉も細く、有るのか無いのか判らないぐらいだから、枝の直線美が命
枝の断面が丸く、冬も緑の枝が残って独特な風景を作ってくれる。
エニシダよりも大きい黄色い花が咲くと、思ったよりも派手な感じになる。
スペインでは、岩山にいっぱい生えていて独特な風景を作っていたから。
グラベルガーデン(砂利の庭)にはいいと思う。
( たまに見る砂利撒いてぽつぽつ植えガーデンにも良いと思う。)
花は、着色料や精油が取れるらしい。
切り花にも使い。
かごも編めるらしい (実物を見たことが無いので何とも言えない。)
紐や紙になるらしい................

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

シスタス スカンベルギー


シスタス スカンベルギー

元は乾燥地帯の低木
交配種だから普通のシスタスよりも丈夫な感じがするが、
高温多湿の関西では、どうも生育場所を選び、
場所が合わないと寿命が短くなるような気がする。
育っている場所は、砂の多い土壌で土壌改良もせず、水もやらず、
大きな木が有ったり、西日がガンガン当たったり、
植えてある場所は小さく横に壁が有ったり、
隣りはアスファルトの道路だったり
見方を変えれば、結構そんな場所がある。
普通の植物には過酷だが、シスタスにはいいのかもしれない。
そんな場所があれば植えるといいかもしれない。
咲けば花はとてもかわいく、葉も小さく全体に小ぶりでいい。
花が半日でぱらっと落ちるのは、ご愛嬌であるが。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

コバノズイナ サライブ


コバノズイナ サライブ

花茎と額が赤いから赤花に見える。
穂もあまり長くないので、花が垂れてる印象はないから、つんつんした感じ。
コバノズイナの仲間はほとんど紅葉の後すぐ落葉するけど、サライブは少し長くついている。
さすがに、新芽が出る頃になると落ちてしまうが、冬によく葉を残してくれる。
強い寒風が吹くと葉が少し傷むこともあるが、ほぼ常緑で通る感じ。
落葉しながら、紅葉しないのかと思えばちゃんと紅葉もする。
アメリカ産だけど、和風な雰囲気で、日本の山にも生えていそうなので、
雑木と一緒に植えての良く似合うと思う。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

スティパ ギガンティア


スティパ ギガンティア

昨年よりも株が大きくなり、穂がたくさん上がってきた。
チェルシーで初めて見てから、もう何年?
最初うまく育たなかったけれど今はうまく育つようになった。
関西での夏の高温多湿に弱かったみたい。

意外と簡単だからみんなで植えよう。  (^_^)/
植える前に大き目の穴を掘って、上土を10cm~15cm程度入れる高さを確保し
その下は5mmくらいの軽石を1~2袋入れる。
( 最初に掘る穴をうまく調整してくださいね。)
後は、真ん中に植えるだけ。
後は時間が解決します。
夏に肥料はやらないほうがいい、水も控えめに
気温が下がったら、少し様子を見ながら肥料を与えるといい。

初夏に大きな穂があがるオーナメンタルグラスはあまりない。
庭にあると、地味な穂だけど空気感を感じる。
逆光で見る穂は、なかなか素晴らしい。
ちなみに常緑です。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

フロックス ピロサが咲いた。


斑入ユキヤナギとピロサ

20150523-2.jpg
ベロニカ ロイヤルブルーとピロサ

20150523-3.jpg
ギボウシ シーボルディアナ エレガンスとピロサ

フロックス ピロサは地下茎で増えるので、ほかの植物の植えられている場所に侵入していく。
すごく密集するわけでもないので、混ざり合っていい感じ。
ピロサだけより、デザインされているように見え、花色が淡いのでほかの植物とも良く似合う。
ただ、困ったことに、どこまでも広がっていくのが問題だ、植物は話しかけても通じない。
ただただ、広がり過ぎたところをネチネチと掘り起こすしかない。

フロックスでこんなに地下茎で広がるのはあまりないような気がする。
新しい品種も少なく、品種改良もあまり進まない。
とはいえ、野生種のままでもいい気がする。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

.. :