2015年06月 - ガーデン植花夢

アメリカアジサイ アナベル


アメリカアジサイ アナベル

今さら、アナベルである。
アメリカアジサイの最もポピュラーな品種。
植花夢では、
アナベルの下にはキチジョウソウを植えている。
冬の剪定を終えるとアナベルの下にあったキチジョウソウが姿を現す。
植えてあると雑草が生えないから便利。
存在を感じないのが丁度いい。
アナベルは、今年伸びた枝の先に花を付けるから、何も考えずに切れるのがいい。
後は、ほっといても花を咲かせてくれる。
やはり白い花だから、今でも人気がある。
この時期、植花夢の宿根草は派手だけど、帰り道アナベルの道を歩くと心が落ち着く。
アナベルは、普通に育てると1m~1.2.mだけど、神戸森林植物園で見たとき2.5mにもなっていた記憶がある。
下からアナベルの花を見た経験はそれ以来ない。
どうすればあんなに大きくなるのか、解らないが、いつか大きく育ててみたい。
ども逆に
アナベルの花を少しでも小さく咲かせたいときは、根元から切らずに、
冬芽を多数残すようにすると、太い枝が出ないから、小さい花が多数咲いて一つの花は多少小さくなる。
でもあまり弱い枝には花が咲かないから、微調整が難しい。
そういえば、近頃、アメリカアジサイ グランディフローラにお目にかからないなぁ

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

ヘメロカリス フリー ウィーリン


ヘメロカリス フリー ウィーリン

二本足りないタコの足状の花が、何とも造形的である。
今後、細い花弁系の品種がたくさん出てきそうな気がする。
植花夢では、植えて3~4年経つから、同じ株から何輪も花が咲くようになり、すごく豪華な感じ。
今は、バーベナ リギダが植わっているが、迫力負けしている。
こうなれば、アガパンサスの大きい花や、
トリトマやクロコスミア ルシファーなど個性的な植物、
ヘレニウムなどの同系色でいくしかない。
しかも、この大きな顔は、基本的に日の当たる方向に咲くから、植え方が問題だ。
フリー ウィーリンを見て、初めてディリリーの意味が分かった。
ついに、百合になったな。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

アメリカアジサイ ピンク ピンクッション


アメリカアジサイ ピンク ピンクッション

日向と日陰の境目に植えている。
この、とぼけた感じのピンクの花が日陰でふわっと咲くのが気に入っている。
一つの花として見たとき、それほど良い花ではないと思うが、
風景を作る材料としては、悪くないと思う。
こんな風に花の咲く花木は、あまり無いような気がする。
最初、木に勢いがないとき、横に倒れやすい。
3~4年すると枝も立ちしっかりしてくると見栄えがする。
基本アナベルと一緒だから、冬に地際近くで剪定すればいいのだが、
少し高めに、枝抜きしながら剪定すると自然ぽくなる。

2438041401g.jpg

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

クサレダマ


クサレダマ

日本の山野草、高さが1.2m位ですらりと伸びた姿が思っていたより綺麗だと思った。
リシマキアだから、やはり地味な感じだけど、
たくさん植えるといいかもしれない。
普段は7.5cmのポットか9.0cmポットで見ているが、地面で育つとだいぶイメージが変わる。
同じ日本の野生種と一緒に、自生地っぽく植えるには使える植物だと思う。
主張しない花なので、オーナメンタルグラスとも似合うかもしれない。
ところで気になるのが、名前だ!
レダマに似ているらしく、草のレダマと命名したらしいが、どう見ても似ていない。
熱帯花木のキントラノオの方がよく似ている気がするが..........( 個人的な見解です。 )
その頃は、キントラノオが無かったのだろう。 ( これも個人的な推測にすぎません。 )
やはり植物を命名するのは難しい。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

アスチルベ ストラウセンフェザー



アスチルベ ストラウセンフェザー 
( アスチルベ ストラウッセンフェダー )

最初植えたとき、「なんだ! このだらしないアスチルベは!」 と思ったが、
大株になると味が出てきた。
アスチルベ ストラウセンフェザーには謝らなくてはならない。
この品種、ある程度の数があった方がきれいに見えるようです。
(どの植物でもたくさん植えれば、それなりに綺麗なのだが)
ほかの宿根草と一緒に植えても、あまり主張せず、柔らかい雰囲気になる。
花色も、少しくすんだピンクで優しげなのもいいと思う。
それにしても、アスチルベのチュット古い品種は、ドイツ語っぽい名前が多いから、舌が回らない。
今は、どの国の人が品種改良しても英語っぽい名前が多いけれどね。

1265015401.jpg

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

ヤマアジサイ 紫紅梅

24380365g.jpg


ヤマアジサイ 紫紅梅

アジサイだから土壌によって多少花色は変わるけど、
この赤紫花と花が咲くときに、すらっと伸びて花が浮いたように咲くのが気に入っている。
葉の形もあっさりと素直な綺麗な葉をしている。
少し立性なので庭では使いやすいと思う。
ヤマアジサイは、品種によっ違いが結構あるから、花だけでなく樹高、樹形も大切だと思う。
植花夢で植えたときも、こんなはずではなかったと思うことが多い。
苗の時、枝の出方でなんとなく判るが、それでもうまくいかないときもある。
予想した通りもうれしいが、違った時もいい経験をさせてもらったと思うことにしている。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

2015年6月24日のガーデン植花夢


バーベナ ボナリエンシスの空気感いい


20150624-6.jpg
斑入イトススキも大きくなってきました。

20150624-2.jpg
日陰の庭のアメリカアジサイ ピンク ピンクッション


20150624-3.jpg
イメージ硬めのギボウシも黄金フウチソウと植えると少し柔らかな印象に


20150624-5.jpg
オレンジ系の花と赤い葉の組み合わせ


20150624-7.jpg
スタキス ビザンチナ ビックイヤーとオーナメンタルグラス


20150624-8.jpg
アスチルベが植わっているエリア


うさぎさんチーム  うさぎ太郎

.. :