シマトネリコ - ガーデン植花夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマトネリコ


シマトネリコ

近頃はどこでも見るもっともポピュラーな樹木
遠い昔は、観葉植物として鉢物で使われ、
高知県などの暖地では一部街路樹に使っていた。
宝塚でも、落葉し、枝枯れしたくらいだから、寒さに弱い印象があったが。
今は温暖化のせいか、この辺りでは常緑で元気に育つ。

この時期、種子をたくさん付けている姿をよく見る。
この種はよく生える。
生産には好都合だが、庭に勝手に生えるのは困るらしい。

シマトネリコは、雌雄別株らしい。
生産するとき、実生苗を何本も寄せて株立ちにする。
小さいときは、雌雄解らないから、混ざった状態で大きくなることに
最終的には、癒着して一本の木になる。
確率にもよるが、雌雄同株になるのだろうか?
そうなれば繁殖にもっと有利になるのでは (^_^;)
今後どうなるか経過を観察しなければ

                     うさぎさんチーム  うさぎ太郎

.. :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。