ベニチガヤ - ガーデン植花夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニチガヤ


ベニチガヤ

海外では、グラスガーデンなどに使われ普通の地面に植えられているが、
日本では、水盤や苔玉など水生植物扱い。
確かに水分が好きである。
このベニチガヤ、よくわからない植物である。
チガヤの葉が赤くなる園芸品種らしいが、
チガヤの葉が赤くなっても、ベニチガヤになるようには思えない。
チガヤは春、土手に座るとお尻をチクリやられるが、ベニチガヤは大丈夫のような気がする。
九州に自生地があり、そこは沼地だと聞いたことがあるのだが、
チガヤは湿地にあまり生えていないような気がするし、
ケナシチガヤの仲間かなとも?
ベニチガヤ、よくできないと花穂が上がらないが、確かにチガヤっぽい穂は上がる。
昔から盆栽の添え物や草物盆栽、山野草などによく使われ、
カリカリ刈られても、大きく育てられても見栄えがするいい素材である。
しかも水陸両用だけど、日陰では青くなる。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

.. :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。