ペニセタム オリエンターレ カーリーローズ - ガーデン植花夢

ペニセタム オリエンターレ カーリーローズ


ペニセタム オリエンターレ カーリーローズ

ペニセツムの中では最も早くから穂が上がり、株が増えるとともに秋まで咲き続ける。
とはいえ、あまりに放任するとベロベロになるから、ある程度のところで見切ってバッサリと刈り込むのも一つの手である。
丁寧な人は、花が終わる順番にピンチするのがいいと思う。
今年は、寒暖差があるのか、穂がとても綺麗にピンクになって可愛い。
気温が上がっていくと白っぽくなる。
ペニセツム オリエンターレ系の葉はアロペクロイデス系よりも優しげ。
トリトマや大輪系ヘメロカリスなどの個性的な植物でも、
近くにカーリーローズがあるだけで優しい雰囲気になる。
まとめてたくさん植えると、ふわふわ、ゆらゆらの花壇になる。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

追記 2015/09/11
3084002801g.jpg
「ペニセタム オリエンターレ カーリーローズ」を、壁から垂らして植えている様子

オーナメンタルグラスの中でも、壁面を垂れ下がらせて使える品種は少ない。
葉は落葉するから、冬は切らないといけないから毎年やり直しのなるけど、
オーナメンタルグラスの新しい使い方かもしれない。
「ペニセタム オリエンターレ カーリーローズ」でうまくいくから、
「ペニセツム ビロサム」でもうまくいくと思う。もっと垂れた感じになっていいかもしれない。
想像すると、台湾オギもいいと思う。
山草界では、鉢植えで下垂させている。
たまたま切らなかっただけなのだが、たまに綺麗になるときがある。
いろいろやってみないと解らないものです。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎
.. :