アメリカアジサイ アナベル - ガーデン植花夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカアジサイ アナベル


アメリカアジサイ アナベル

今さら、アナベルである。
アメリカアジサイの最もポピュラーな品種。
植花夢では、
アナベルの下にはキチジョウソウを植えている。
冬の剪定を終えるとアナベルの下にあったキチジョウソウが姿を現す。
植えてあると雑草が生えないから便利。
存在を感じないのが丁度いい。
アナベルは、今年伸びた枝の先に花を付けるから、何も考えずに切れるのがいい。
後は、ほっといても花を咲かせてくれる。
やはり白い花だから、今でも人気がある。
この時期、植花夢の宿根草は派手だけど、帰り道アナベルの道を歩くと心が落ち着く。
アナベルは、普通に育てると1m~1.2.mだけど、神戸森林植物園で見たとき2.5mにもなっていた記憶がある。
下からアナベルの花を見た経験はそれ以来ない。
どうすればあんなに大きくなるのか、解らないが、いつか大きく育ててみたい。
ども逆に
アナベルの花を少しでも小さく咲かせたいときは、根元から切らずに、
冬芽を多数残すようにすると、太い枝が出ないから、小さい花が多数咲いて一つの花は多少小さくなる。
でもあまり弱い枝には花が咲かないから、微調整が難しい。
そういえば、近頃、アメリカアジサイ グランディフローラにお目にかからないなぁ

うさぎさんチーム  うさぎ太郎

追記 2015/07/29
2438000801g_20150729193342d1b.jpg
梅雨も明けて晴れた日が続くと、アナベルの花も乾燥してライムグリーンになってくる。
雨が多い年は、茶色になってしまうことも多いけれど、
乾燥した、日の当たる場所では、綺麗にライムグリーンになってくれるように思う。
これから、多少は茶色になるけれど秋まで、なんとなく見れることがうれしい。

うさぎさんチーム  うさぎ太郎
.. :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。